湘南工科大学ロボット技術研究会活動日誌

ロボット技術研究会に青春を捧げた者たちの活動記録なんだって

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フルカラーLED照明プロジェクト『第四幕:熱』

電子工作においてLEDを使うときには抵抗を必ず使いますが
抵抗 (2)

抵抗は明るさ調節の役目をはたします

LEDの明るさは電流の量で決まるのでオームの法則を使って求めますが・・・・
長ーくなりそうなので気になる方は追記をみてくださいな


で、抵抗というと普通はさっきの写真のような炭素皮膜抵抗のことです
値段も安く1個1円以下

抵抗を選ぶときは抵抗値が何オームかを見て選びますよね
一般のLEDのときはそれだけで構いません

しかし
今回のようなハイパワー品の場合はもうひとつ知ってなきゃいけないものがあって
それはW数(ワットすう)



ここに書いてありますね
抵抗

1/4Wとか1/6Wとか


ワットっていろんな電化製品にも記載されてますよね
電子レンジ600Wとか電球100Wとか、
これは電力(エネルギー)のことです

抵抗に書いてあるのは
何ワットまで耐えられるかを示すもの

ワットは電圧×電流で求められます
これも詳しいことは追記で、、


定格以上のワットが抵抗にかかれば
海苔のような香ばしいフレーバーを放って真っ黒に・・・


なのでW数の大きい抵抗を選ぶ必要がでてきます

前回のやつは2種類の抵抗を使って実験してました

ひとつ目は
抵抗 (3)

酸化金属皮膜抵抗といいます
こちら3WまでOK
値段は1本30円ぐらいだったかな?
高いから気軽に燃やせないね


そしてもう一つが
抵抗 (4)

セメント抵抗
なんと20Wまでいける
これは100円ぐらいした


大きさ比べ
抵抗 (1)
上から
1/6W
1/4W
3W
20W

W数の大きいものはずうたいもデカくなりますね
まあ当然っちゃ当然


LEDのパワーMAXでずっと点けといたら
酸金抵抗がけっこうHOTになってました
さすがに燃えはしませんでしたが
セメントの方は余裕って感じです


ということで
抵抗値とW数
抵抗選びはこの2つに注意して決めましょう!


by SEPHEID
スポンサーサイト
[ 2010/07/08 07:30 ] 天研 | TB(0) | CM(2)
ろぼ研

湘工大ロボ研

Author:湘工大ロボ研
みんなものづくりが大好き!

twitter
<
FC2ブログランキング
らんきんぐ

上のボタンをおすと あなたに幸運が訪れます
ランキングTOPをめざせ!
[ジャンルランキング]
学校・教育
1533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラブ・サークル活動
104位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。